TAKEのホームページ

愛犬の元気と笑顔のために・・・

  • GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座
  • GREEN DOG
無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月27日 (火)

てんかんとレメディ  モカの場合!

*今回の記事は、個人的な意見、感想です。

 参考程度にしていただけたらと思います。

モカに主に使ってるレメディは、
レスキューレメディです。
モカがてんかん発作を起こす原因としてストレスが
考えられます。
ストレスを軽減するのにレスキューレメディを使って
います。

レスキューレメディの説明は、こちら iconを見てください。

レメディは、ストレスを感じているなぁと感じた時、
季節の変わり目にてんかん発作を起こすことが
多いのでその様な時には、頻繁に使います。
副作用が無いので安心して使えます。

出かける前や、動物病院に行く前や途中、
何かを怖がっている時、気持ちを落ち着かせたい時
なども頻繁に使います。

発作の時は、起こるのが分かった時、固まっている時、
吐き気があった時、口にスプレーします。
発作が抑えられる事もあります。
毎回では、ありません。
*注意
てんかん発作の時、口に手を持って行くと咬まれる
恐れがあります。
スプレーをかけると怖がり咬まれる事があります。
あまりお勧めは、出来ません。

発作が起こった時、意識が無い時、口にレメディを
入れます。
肉球や鼻に付けても大丈夫です。
スプレーで体に吹き付けます。
始めのうちは、レメディを口に入れると嘘のように
発作がおさまった事もあります。
発作の時、レスキューレメディを使うと後遺症が
少ないように思います。
立ち直りも早いように思います。
発作の後は、頻繁にレスキューレメディを飲み物や
食べ物と一緒に与えています

レメデイとハーブの違い
ハーブは、体に入れると徐々に体に浸透して
効いていく様です。
レメディは、即効性がありますが効き目は、
継続しない様です。

レメディは、症状が改善されたら一旦止めて
また、症状が出たら使うという様に使ったほうが
良いように思います。

モカのてんかんの種類は、突発性(原因不明出起こる)
てんかんです。
*これは、個人的な感想、意見です。
コメント覧を開けて置きますので質問等がありましたら
分かる程度でお答えします。
専門的なことは、獣医師等に相談してください。

2015年1月26日 (月)

12月の動物病院

12月23日動物病院に行く!
・てんかんの薬
・フェラリア
・爪切り
・肛門腺
体重 13、30kg

肛門腺を絞る時、先生が手袋を付けると
嫌がって暴れ、takeに押さえられ、
どうにか終えた。

体重をこれ以上、増やさない様にね!と
言われました。


また、1ヶ月が過ぎてしまいました。
また、動物病院です。
時間の過ぎるのが早いです。

モカ、今年も頑張って病院に行って
下さいね♪

てんかんの事 覚え書き

12月16日夜8時過ぎモカ、吐き気!

takeの帰りがいつもより遅く、
モカは、何度もキッチンの私の
所に来ては、うろちょろ!
うろちょろ!
何か欲しいのか?と思い
ドライフードや野菜の切れ端を
上げました。

8時過ぎtakeが帰って来てモカの異変に
気付いた。

ゲボッ!ゲボッ!言ってる。
直ぐレメディをお口にスプレー。

モカは、夕方5時前に食べたご飯を
ほとんど吐いた。
焦りましたが、痙攣は起こしません
でした。

その後、食べ物を欲しがったので、ご飯を
少し食べさました。

青汁と葛湯でケア。

食欲は、あり。

吐く事もてんかん発作の一部と
されています。

痙攣を起こさなくて良かったと
思います。




今は、元気なモカです。
2014年の発作は、大きいな発作2回でした。
前より、回数が減っている事、後遺症も
あまり、残らなくなりました。

2015年も元気に過ごしてほしいです♪

« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »